• ホーム
  • まつ毛が角膜に接触する逆さまつ毛、治療法は

まつ毛が角膜に接触する逆さまつ毛、治療法は

2019年09月30日

いわゆる逆さまつ毛とは、まつ毛が本来あるべき方向とは反対側に映えることで、眼球表面の角膜に接触して炎症を起こす状態のことです。まつ毛は余計なごみなどが眼球に付着したり、侵入したりすることがないように眼球とは反対側に向かって生えています。ところが逆さまつ毛では、眼球方向に向かって

まつ毛が生えてしまっているので、眼球方向に生えています。そのため角膜に接触することで炎症が起きたり酷い場合には潰瘍が形成されたりするわけです。

逆さまつ毛に大きくわけて、睫毛乱生(しょうもうらんせい)と眼瞼内反症(がんけいないひしょう)の2つのタイプがしられています。睫毛乱生ではまつ毛の成長方向に異常を来たし、眼球側にむかって生えてしまうというものです。これに対して眼瞼内反症の場合は、まぶたの縁が眼球側によってしまってまつ毛が接触するというタイプの逆さまつ毛になります。それぞれのタイプにより原因にも違いがあり、睫毛乱生はまぶた周辺の毛根に炎症が起きて後遺症として残るものです。眼瞼内反症の原因としては先天性のものと後天性のものの二つが想定されます。先天性の眼瞼内反症の原因には、生まれつき皮下脂肪が多いためにまぶたの縁が眼球によっているというもの。これに引き換え後天性の原因の主な要因は老化によるまぶたの皮膚が緩んでしまうというものになります。

一般的に逆さまつ毛は自然治癒することも多いとされているので、炎症症状を抑えるための点眼薬で対症療法を行い自然回復を待つ方法があります。しかしながら、根本的な治療法を選択しないかぎり再発の可能性は否定できないのでは手術を実施することも多いようです。

逆さまつ毛の根本的な治療法になる手術には、大別すると埋没法と切開法の二つになります。埋没法の手術とは、まぶたの裏側に医療用の非常に細い糸を通して、まぶたを吊り上げるというものです。結果的に二重瞼になりますが、まぶたの位置を細い糸で固定するので、まつ毛の生える方向も正常なものに修正することができる訳です。しかし埋没法はその後の日常生活の中で、いとが切れてしまってもとの状態に戻ってしまう可能性があります。

これに対して切開法はまぶたにメスで切開を加えて、過剰な皮下脂肪を除去してまぶたのラインを修正します。切開法はメスを入れるので回復は、埋没法に比較すると時間がかかるのは事実です。しかし一度手術すると、埋没法のようにもとの状態に戻るようなことはないので、確実性が高いメリットがあります。

関連記事
更年期の美容ケアについて

40代から50代にかけては、更年期と閉経時期が重なるため、肌の水分保持力や弾力性を保つコラーゲンが減少し、乾燥やシミ、シワ、たるみなどの肌トラブルが起こりやすくなります。加齢とともに女性の肌は乾燥しやすくなるため、肌にダメージを与えないように、レチノイン酸やビタミンC配合されたものなどのアンチエイジ...

2019年09月12日
美肌になるアロマがある?どんな効果?

アロマは香りでリラックスさせてくれるだけでなく、日焼けした肌を鎮めてくれたり、肌を引き締めてくれたりといった美肌効果もあります。アロマオイルでマッサージをすればリラックス効果だけでなく、毛穴を小さくしたり、たるみやしわを予防してくれたりといいことづくしです。菌や汚れから肌を保護してくれる抗菌作用、酸...

2019年10月17日
美容の為にも美しい毛穴で美肌に

美容の良し悪しを判断する為のポイントの一つと言えば毛穴です。毛穴が綺麗ですと透明感がありますし、肌のキメも細かく見え、正に美肌と呼べる美しさがあります。反対に毛穴が黒ずんでいたり、開いているようですと肌は綺麗に見えませんし、美容にとって大打撃になるのは間違いありません。ですから美容の為にも毛穴を美し...

2019年08月25日
美容によい健康食品について

美容効果が高い健康食品に、ココナッツオイルがあります。通常は固形ですが温まると液体になり、瓶やボトルに入った状態で販売されます。ココナッツオイルには2種類あります。まず精製ココナッツオイルです。ココナッツを高温で精製し、脱臭工程を経て作られます。加熱して漂白までしているので、ココナッツの持つ独特な匂...

2019年08月09日
肌荒れは病気のサインということもある?

美容と健康は密接なつながりがあり、内臓機能が弱っていると肌荒れができます。例えばかゆみのある肌荒れは、内臓の病気という恐れがあります。小腸や大腸の調子が悪いと、ガスが溜まり周囲の器官を圧迫します。すると血行が弱くなるので新陳代謝が弱くなります。化粧品などの美容商品を変えてもかゆみが治まらない場合は、...

2019年07月29日